相続財産からのご寄附と相続税

平成27年1月1日以降の相続の場合

相続税の申告期限までに行った相続財産の認定NPO法人への寄附は、課税価格から控除になります。

相続税は、遺産の額(債務などを控除した正味の遺産額)が基礎控除額を超える場合に、その超える部分(課税遺産総額)にかかります。
相続税は、次のような計算の仕方をします。

  1.   財産を取得した人ごとに課税価格を求める→合計する→課税価格の合計額
    (ここで求めた各人の課税価格が、最後に相続税額を振り分ける際の割合の基準になる)
  2.   1の課税価格の合計額から基礎控除額を差し引いて課税遺産総額を求める
    基礎控除額:3,000万円+600万円×法定相続人の数
     →課税遺産総額を法定相続分の割合で配分し、各法定相続人への割り当て分に、その金額に応じた
    税率を掛ける。
      →各算出税額を合計する。
       →相続税の総額
法定相続分に応じた取得金額(一人当たり) 税率 控除額
1,000万円以下 10% -
1,000万円超3,000万円以下 15% 50万円
3,000万円超5,000万円以下 20% 200万円
5,000万円超1億円以下 30% 700万円
1億円超2億円以下 40% 1,700万円
2億円超3億円以下 45% 2,700万円
3億円超6億円以下 50% 4,200万円
6億円超 55% 7,200万円

3.  2の相続税の総額を、実際に財産を取得した人ごとの課税価格の割合に応じて配分する。そして、各人の実情に合わせた一定の加算や減算を行い、納付税額を算出。

○トラ・ゾウ保護基金へのご寄附は、「非課税財産」として、その金額を1の課税価格から差し引くことができます。
○相続税の寄付金控除の申告には、トラ・ゾウ保護基金からの証明書等が必要になります。
○トラ・ゾウ保護基金は、いただいたご寄附を法律の定めに従って活用していくことになります(ご寄附の趣旨に応じた使途、支出期限など法令上の制約があります)。ご寄附をご一考いただける際には事前にご相談いただければ幸いです。
*トラ・ゾウ保護基金の事務局は弁護士がおりますので、遺言、遺産分割など相続全般についてのご相談をお受けすることもできます。お気軽にご相談ください。

◎実際に遺産を寄附していただく場合の例

7000万円の遺産を被相続人のお子さん2人が平等に相続する場合

○寄附なしの場合

【各人の課税価格】
3,500万円+3,500万円=7,000万円 課税価格の合計額
【課税される遺産総額】
3,500万円+3,500万円-(基礎控除額3,000万円+600万円×2)=2,800万円
【各法定相続人の取得金額】
2,800万円×1/2=1,400万円
【法定相続人ごとの相続税の基となる税額】
1,400万円×税率15%-50万円=160万円
【相続税総額】
160万円+160万円=320万円
【各人ごとの相続税額】
320万円×各人課税価格3,500万円/課税価格合計7,000万円=160万円
各人の相続税額160万円(全体では320万円)

○JTEFヘ、各人500万円計1,000万円寄附していただいた場合

【各人の課税価格】
(3,500万円-寄附額500万円=3,000万円)+(3,500万円-寄附額500万円=3,000万円)

=6,000万円(課税価格の合計額)
【課税される遺産総額】
6,000万円-(基礎控除額3,000万円+600万円×2)=1,800万円
【各法定相続人の取得金額】
1,800万円×1/2=900万円
【法定相続人ごとの相続税の基となる税額】
900万円×税率10%=90万円
【相続税総額】
90万円+90万円=180万円
【各人ごとの相続税額】
180万円×各人課税価格3,000万円/課税価格合計6,000万円=90万円
各人の相続税額90万円(全体では180万円)

相続税は全体で140万円少なくなります。つまり、実際のご負担は860万円で、1,000万円のご寄附をしていただいたことになります。


内容を印刷して読むには、こちら(PDFで開きます)